夢の乱入者(Yumeran)


  • 旧サイト(http://www.horae.dti.ne.jp/~rryouu/)より移転しました。
  • 放送記録に関する追加・修正等はこちらへお知らせください。
  • 本放送終了以降の夢乱ライブ、特番等の情報も随時追加する予定です。
  • その他、夢乱に関する情報をお寄せいただければ幸いです。

夢の乱入者

【夢の乱入者とは】

 関西テレビで1990.02.16 ~ 1996.08.14までの6年半・全75回に渡って放送された音楽番組である。
番組はホストメンバ(G:渡辺 香津美・B:清水 興・Dr:東原 力哉・Key:島田 昌典)が毎回ゲスト2組
を迎えセッションを繰り広げ、それを放送するという前代未聞のドキュメンタリーなものであった。

音楽に目覚め始めた当時の私には全てが衝撃的だったことを鮮明に記憶している。番組冒頭にも表示される
「音楽で会話する」、番組は具にこの意味を私に理解させた。これがセッションなのだ、と。
 毎回多方面からのゲストを迎え、さまざまな試みが行われる。「はい、せーのーでっ」で演った・撮った
ライブ感がひしひしと伝わってくる。メンバそれぞれのグルーブ・絡み・勢いがダイレクトに見ている側に
伝わってくる。また、番組構成・カメラワーク・テロップの入る瞬間までもが拘り尽されているのが素人目にも
分かった。これほどに夢中になったテレビ番組はなかった。

 当時中学・高校と多感だった私は、月に一度のこの極上の音楽に浸れる時間を心底楽しみにしていた。
ビデオ録画の予約をし、野球中継延長によるズレを調整し録画しながら見るという作業を毎月行っていた。
放送終了が大体深夜2:00~3:00になるのだが興奮さめやらずなかなか寝付けなかったことをよく記憶している。
ドキュメンタリーとして、音楽的遺産としての価値の重大性に気付き途中からは標準モードで録画したのだが、
現存している録画ビデオのうち3分の1くらいは3倍で録画していることが今になって悔やまれる限りである。

 ちょうどギターをやり始めた当時、ことに渡辺香津美氏のプレイにはただただ息を飲み食い入るように
テレビ画面を見つめた。また氏の使用するギターにも毎回注目し憧れを抱いたものである。
ジャズ・フュージョンといったジャンルにのめり込むようになり、様々なジャンルに関心を抱くようになった
のもこの番組、そして香津美氏の影響が大きい。私の音楽生活のスタートを大きく切り拓いたのはまさしく
「夢の乱入者」だった。

 前置きが長くなってしまったが、このページは夢の乱入者という歴史的音楽遺産を少しでも形あるモノ
として残すために記録を留めるものである。(記: 2004.02.19)

【コンテンツ】

【1996.02.16-17 6周年記念LIVE パンフレット】
1996.02.16 - 17 6周年記念ライブ パンフレット
*パンフレット・表題画像とも、元 夢乱スタッフの佐藤 様より許可を頂き掲載しています。


【放送資料 提供のお礼】
  • 夢乱スタッフ 佐藤 様
  • ハッセー 様
  • yupico 様
  • Y.M 様
  • YUKITAKA-R 様